正直個人的にあまり詳しくなかったアニメ版のワンピースですが、お茶会編に突入して盛り上がりを増してきたところだし、アニメならではのシーンも挟まれてきてオリジナルシーン好きとしては好感触なので、もっときちんと見て行こうかと。

 で、どうせなら変更点や追加シーンなんかを纏めて記事にしちまえ、とそういう趣旨の企画でございます。
 まあ毎週放送直後に更新とか、そんな気負った事はせずにゆるっと書いていこうかと。

 というわけで、 すでに832話の放送も控えたタイミングですが、2話ほど遡って第830話のおはなし。




【原作の対応話数】
 第860話

【あらすじ】
 サンジの家族を救出するため、ルフィはビッグ・マム暗殺を目論むベッジと手を組む事を決めた。
 茶会の時は近づき、裏で蠢く陰謀など知る由もないヴィンスモーク家の面々に加え、世界経済新聞社社長モルガンズ、歓楽街の女王ステューシーらを始めとしたビッグゲスト達が続々と会場へ到着する。

 そんな折、会場の護衛を任されたベッジの下に、一人のゲストが殺気立った様子で訪れる。ジグラというその男の目的は、自身の父を殺したビッグ・マムへの復讐であった。
 会場に乗り込もうとするジグラであったが、彼は復讐の意志すら言い終わらぬ内、3将星の一人カタクリの手によって撃たれてしまう。見聞色を鍛えすぎた結果近い未来を見る能力を持ったカタクリは、ジグラがベッジの部下を銃撃する未来を先読みし、事前にジグラを撃ったのだった。

 会場内で最も厄介な人物と、カタクリを警戒するベッジ。一方のカタクリは次の瞬間、更なる敵の登場を予見していた。ジグラの仲間である、臓器売買暗殺集団。およそ100名からなる敵の前に、ベッジの部下達はなすすべもなかった。しかし、そこに現れた2人の男によって、暗殺集団は蹂躙される。その男達は、シャーロット家3男ダイフクと、4男オーブンであった。実力差に気付き逃げ出す彼らにも容赦せず、2人は彼らを全滅に追いやるのだった。

 やがて会場では、10時を知らせる鐘の音が響く。地獄のお茶会が、今始まろうとしていた。


【主な追加点・変更点】
・茶会の護衛権を任されたベッジが、ヴィンスモーク家のボディチェックを行うシーン追加。
 彼らの持つ武器やレイドスーツを回収。
 途中イチジらと一触即発の空気になるが、ジャッジの制止により事無きをを得る。

・ジンベエ達が、ベッジの手に入れた会場の見取り図を確認するシーン追加。
 ルフィが動物を捕まえるために外出するシーン追加。

・ホーミーズ達が歌うシーンだけでなく、その後の裏社会の帝王達やペロスペローの会話までがミュージカル化。歌詞は原作のセリフをほぼそのままに、生成されたキャンディエスカレーターの芸術性を称えるシーンまでが歌となっている。

・ペロスペローの「3分たったらキャンディコースターもなめていい」のセリフが「キャンディエスカレーター」に変更。

・カタクリがジグラを撃つシーンと、スムージーが帝王達にドリンクを振る舞うシーンの順番が前後。

・ジグラが射殺されるタイミングが微妙に変わっており、「入院中だった父の」までを発したタイミングで撃たれている。

・カタクリが予見した「ベッジの部下2人が撃たれる未来」が、セリフだけでなく映像で描かれている。

・カタクリが未来視を行う際、目が赤く光る演出が追加。「FILM Z」において見聞色の覇気を使用する際に加えられたものと同じ。

・ジグラが撃たれた後、"臓器売買暗殺集団"なる約100名の軍勢がベッジ達に殴り込みをかけるシーンが追加。ファイアタンク海賊団を相手に優位に戦闘を行う。

・オーブン、ダイフクが、原作よりも早いタイミングで登場。臓器売買暗殺集団をその能力によって蹴散らすシーンが追加。

・同時刻、ルフィが誘惑の森にて動物達を捕まえようとするシーン追加。



【感想】
>ベッジ、レイドスーツを回収
 原作ではいつの間にか奪われていたレイドスーツだが、アニメでは手荷物検査にて没収されるシーンが追加された。
 きちんとベッジの手によって回収されたため、後のシーンとも繋がる。他のビッグ・マム陣営の人間に取られていたら、ああはいかなかっただろう。
 しかしイチジらもやはり不本意だった様で、レイドスーツを預ける事には抵抗を見せていた。特にニジなんかは、電撃を纏ってあわやベッジを殴りつけるところまで。ジャッジが止めなかったら、正直ヤバかったんじゃないか。普通の銃じゃ、彼らの肉体には通用しないし。

>ミュージカルシーン
 WCI編において、これまでも度々行われてきたミュージカルシーン。
 原作中の歌セリフをそのまま使ったり、尾田さんによる歌詞の書き下ろしが行われたりしていたが、今回はまさかの裏社会の帝王達のセリフがそのまま歌に
 歌唱自体もそれぞれの声優陣によって行われていて、中々の気合いの入り様。

 しかしこの帝王達、ノリノリである。そしてステューシーさん、えらいカメラ目線ね。ウインクまでしちゃって。なんか原作比3割増しくらいで若作りしはってるし。まあお綺麗だからいいけど。
 というかピエクロさん、武器持ち込み禁止のお茶会に、いくらなんでもその大鎌はアカンて。後で没収されたのかもしれんけど、普通に持ち歩くだけでも危ないって。アニメじゃミュージカル演出に合わせて、ル・フェルドに突き付けたりしてるし。短気か。

>キャンディエスカレーター
 原作においても見開きページで荘厳な描かれ方をしていたが、アニメで彩色が行われるとその芸術性も増すというもの。
 しかもその塗り方もガラス細工の様な光沢を放ったものになっており、帝王達が褒めちぎるのも納得の出来。流石、凝り性の長男。
 ついでに、原作で「キャンディコースター」と呼ばれていた部分が修正されているが、結局コースターって名称は正式じゃないのかな。

>おかしな声で鳴くキリン
 原作では「キャアァアァア」といった声で鳴いていたキリンだが、アニメでは何とも言えぬ苦痛そうな声を出していた。
 確かにこりゃ珍妙な鳴き声だ。マムの珍獣コレクションに加えられてもおかしくなさそうだが・・・あんまりお気に召さなかったんだろうか。

>ジグラ&臓器売買暗殺集団
 母の葬儀のために茶会を蹴り、父の仇討ちのため四皇に挑もうとしたワンピース界きっての孝行息子。
 故にそんなに悪人っぽさも感じていなかったのだが、アニメでは臓器売買暗殺集団なる、まあ見るからにヤバそうな連中を引き連れてやって来ていた。まあそりゃ、単独で仇討ちにくるほどバカじゃないか。

 暗殺集団という名称や彼らのセリフから、暗殺した者の臓器を売買していたっぽい。
 戦闘能力もかなりのモンで、特に主要となるメンバーはベッジの部下達では手も足もでなかった。爆発と共に宙から降りて来たが・・・流石に、月歩使いとかだったらビビるぞ。
 外見的にも随分と濃く・・・ウルフという狼男みたいなのは、ミンク族なのかな? 動物系能力の可能性もあるが、狼の能力はすでにジャブラが食しているし。
 
 主要メンバーの名前は、本編中では呼ばれていないがテレビ字幕にて確認できる。
 フーセンガムの男がガム、狼の姿をした者がウルフ、筋骨隆々とした男が150、鎖鎌を持ったローブの男がオペラ座という名前の様だ。
 しかしまあ・・・ガムとウルフってのはものの見事に見たまんまですね。オペラ座ってのは勿論オペラ座の怪人から来てるんでしょうが、本名とも思えないし、裏社会での通称みたいなもんなのかな。
 150って人は、名前は珍妙で由来も思い浮かばないが、見た目の筋肉っぷりが戸愚呂弟か何かにしか見えなくて困る。何気に何十発もの銃弾を跳ね返すほどの肉体をもっているので、戦力としては筆頭格かもしれん。

 ちなみに、オープニングの出演欄ではなぜかオペラ座の名前のみが上がっていました。他の3人は、別キャラとの兼役なのかな? 声優に詳しくないんで、聞き分けとか出来ませんが。

 ちなみに、ウルフはジグラを「ジグラのやつ」と呼んでおり、部下などではなく対等な仲間の模様。かといって、別にジグラの仇討ちに協力したと言うワケでもなく、単にビッグ・マム海賊団の人員の臓器を狙ってやってきた様だ。屈強な人間の臓器ほど高く売れるんだろう。

>オーブン、ダイフク登場
 なんか兄ちゃん達がえらくかっこよく見える!
 原作より随分と早めな戦闘シーンですが、特にオーブンは後にシャーロット家の主要格としての役割が与えられるので、早めにその強さを印象付けたのは正解だろう。ダイフクなんかは、未だに原作でもイマイチ活躍できてないし。
 
 その戦闘力は流石の一言で、意外と強そうに見えた暗殺集団でも全く持って太刀打ちできなかった。モブのピエロみたいなやつなんか、倒れたところをオーブンの脚に焼かれ・・・まるでアイロンを当てすぎて焦がしちゃったみたいな大惨事に。ひえぇ。

>ルフィ、動物を追う
 寸前まで森を駆け回っていたと言われていたが、本当に寸前も寸前だったらしく、茶会の開始時刻を迎えた10時の段階でもまだ動物を捕まえ切れていなかったらしい。
 というかコレ、ブリュレの鏡世界って、ベッジの体内にある鏡にまで繋がってるんですかね? そうでないと、後のシーンとの繋がりが合わなくなりそうだけど。
 仮にそうだとしたら、ブリュレの能力を使えばベッジを体内から破壊したりなんて事も出来てしまいそうだ。おそろしや。




 


【声の出演】
ルフィ・・・・・・田中真弓
サンジ・・・・・・平田広明
チョッパー・・・・大谷育江

ビッグ・マム・・・小山茉実
ジンベエ・・・・・宝亀克寿
ベッジ・・・・・・龍田直樹
プリン・・・・・・沢城みゆき
ヴィト・・・・・・岸尾だいすけ
ジャッジ・・・・・堀秀行
イチジ・・・・・・杉山紀彰
ニジ・・・・・・・宮内敦士
ヨンジ・・・・・・津田健次郎
ペロスペロー・・・内田夕夜
カタクリ・・・・・杉田智和
スムージー・・・・勝生真沙子
オーブン・・・・・木村雅史
ダイフク・・・・・咲野俊介
モルガンズ・・・・加瀬康之
ステューシー・・・金月真美
ルフェルド・・・・松山鷹志
ピエクロ・・・・・増谷康紀
ギバーソン・・・・福原耕平
ウミット・・・・・藤原貴弘
ジグラ・・・・・・川原慶久
オペラ座・・・・・新井良平

女性門・・・・・・香里有佐
部下・・・・・・・千葉俊哉
ナレーション・・・大場真人



【登場した技】
キャンディエスカレーター:ペロスペロー