第901話にて印象的だった世界経済新聞社社長モルガンズ氏の発言を受け、"最悪の世代"と呼ばれる10名の船長達の動向をそれぞれ簡単に纏めておきました。

各人の主な動きのおさらい&世間に公表された功績をまとめたもんです。

"海賊王"争奪レースをふまえてのお話という事で、船長ではないゾロ、キラーは除外してあります。
紹介順は現時点で判明している懸賞金の順。



モンキー・D・ルフィ】懸賞金・・・3億→5億
 2年前、世界政府の3大機関それぞれで大暴れした話題のルーキー。それ以前より、クロコダイルやゲッコー・モリアと言った名だたる海賊を討伐してきたが、それらは世間には知られてはいない。とはいえ、ドフラミンゴ等が調べればすぐに発覚した事実であったため、モルガンズであれば情報を掴んでいる可能性も高い。

 エニエスロビーでは"オハラの悪魔"ニコ・ロビン救出のため当時のCP9と戦い、その悉くを撃破し、救出を成功。更に本来はバスターコールによるものだった司法の島崩壊も、彼ら一味の仕業として報道される。この一件により、懸賞金が3億ベリーに上昇。
 
 その後義兄エースの救出を目論み、海底監獄インペルダウンに自ら侵入。クロコダイルやジンベエ、イワンコフらを含む多量の脱獄者を輩出した事件の首謀者となる。
 インペルダウン脱出後、そのままマリンフォードへと乗り込み、頂上戦争の場で大立ち回りを演じる。エースの救出には成功するも、結果としてエースは死亡。3週間後、レイリー、ジンベエと共に再度マリンフォードに姿を現すと、オックス・ベルの16点鐘を執り行う。これらを経て懸賞金が4億に上昇するも、この一件を最後に一味共々2年間パッタリと消息を絶った。

 2年後、シャボンディ諸島での一味集結の後、新世界へと突入。トラファルガー・ローとの海賊同盟を組むと、裏社会の住人達に向け配信されていたシーザーの公開実験を潰し、これを捕縛。カイドウ打倒を最終目的とし、ドレスローザでは"ジョーカー"ことドフラミンゴを撃破。これにより懸賞金は5億ベリーに上昇した。
 その後四皇・ビッグ・マムのナワバリに姿を現すと、カポネ・ベッジと共謀しビッグ・マム暗殺計画を実行。暗殺には失敗するも、3将星の内2人を撃破する功績を残した。


 物語の主人公として、詳細が描写された事件自体が多い事も手伝い、「億超えルーキー」と呼ばれた面々の中では紛れもなく、もっとも海賊王に近い存在であると思われる。
 王下七武海を3名も落とした人物など他に例を見ず、起こした事件ひとつひとつの大きさも相まって、その話題性は活躍期間の短さをものともしない程。今もっとも新聞を賑わせる海賊として、台風の目の様な存在となった。
 実力的にも、少数ながら構成員全てが賞金首という異例の一味であり、船長および構成員の戦闘力はもとより、事実上の傘下として総勢5600名の大戦力を保有する巨大な組織へと成長を遂げている。
 最悪の世代からの"海賊王"排出を予感したモルガンズも、彼らが生きてビッグ・マムのナワバリを出る事を望んでいた。特にドフラミンゴ討伐が世界に与えた影響は大きく、民間・裏社会共に注目度が高い。



トラファルガー・ロー】懸賞金2億→5億
 16年前、政府が50億の大金と引き換えに手にしようとしたオペオペの実を得、その能力者となる。
 2年前のシャボンディ諸島ではルフィが起こした天竜人への暴行事件の共犯者とされた他、マリンフォードでは意識を失ったルフィの逃亡に手を貸し、治療を施した。
 詳細は不明だがロッキーポート事件なる一件の首謀者とされており、2年の間に懸賞金は4億4千万ベリーにまで上昇。海賊の心臓100個を政府に差し出すという狂気の行いを経て、王下七武海の一角に抜擢される。

 パンクハザードでは、四皇カイドウを引きずり下ろす事を共通目的とし、ルフィと同盟。SADの製造装置を破壊し、捕縛したシーザーと引き換えにドフラミンゴの七武海脱退とドレスローザ国王としての退位を迫る。
 しかしドフラミンゴの罠にはまり、海軍と敵対する形で七武海の称号を放棄。結果としてドフラミンゴには敵わなかったが、同盟相手であるルフィがその討伐に成功。ルフィ共々、懸賞金は5億ベリーまで上昇した。
  
 ドレスローザでは自らの手でドフラミンゴを討つという悲願は果たせなかったが、対カイドウの作戦立案者かつドフラミンゴ討伐の共謀者として、ルフィ同様に新聞を賑わせた。
 これまたルフィ同様、名前に「D」の文字を持つが、こちらは既に引退した身であるセンゴクを除く政府関係者には知られていない。

 2年前には仲間達に"海賊王"の座を狙っている旨の発言をしたが、ドレスローザではドフラミンゴと刺し違える覚悟であったため、実際にワンピースを欲していたのかは微妙なライン。
 所有する戦力は決して潤沢とは言えず、20名という多くはない人数ながら個々の戦闘力はそう高くはないものと思われる。
 しかし元王下七武海というネームバリューやドレスローザの一件により、世間的な功績点ではルフィに次ぐものと思われる。メタ的な視点で見れば、その活躍の多さや「D」の隠し名などにより、最悪の世代の筆頭格と呼べる人物。



ユースタス・キッド】懸賞金3億1500万ベリー→4億7000万
 敵対する海賊のみならず民間人にまで被害を与える危険性の高さから、2年前のシャボンディ諸島集結時にはルフィを抑え、超新星達の中でトップの懸賞金が懸けられていた。
 シャボンディ諸島では、ロー同様ルフィに巻き込まれる形で天竜人への暴行事件の共犯者として扱われる。マリンフォードでの頂上戦争終結後、新世界へと乗り込み、楽園へと帰還する海賊団を崩壊させた。

 その後2年の間に、ビッグ・マム海賊団に戦いを挑む。傘下の海賊船2隻を沈める損害を与えたが、将星の前に敗れ、撃退された。
 ルフィとローの同盟と同時期に、アプー、ホーキンスと同盟。赤髪のシャンクスを標的に据えるが、行動を起こす前に不運にも百獣のカイドウに遭遇。戦いを挑むも到底敵わず、返り討ちにされ捕えられた。


 懸賞金こそトップクラスで、実力も高いものと思われるが、何気に目立った戦績を残せていない人物。
 ビッグ・マム、カイドウの両陣営に挑むもまるで通用せず、といった風で、海賊団単独の力としては四皇クラスには遥かに及ばないのだろう。
 同じく億超えルーキーであるキラーや、口から炎を吐くというヒートを配下に持つ等、人員の層は厚めな印象。だが意図せず同盟の情報を漏らしてしまったり、同盟相手であるアプーに裏切られたと思しき描写も含め、脇の甘さも目立つ。共に海兵と戦ったルフィ、ローに比べると、現時点では大きく溝を空けられてしまったと言える。


スクラッチメン・アプー】懸賞金1億9800万→3億5000万
 2年前の段階では、好奇心から黄猿に挑み返り討ちにされた程度で、目立った印象は残せなかった。
 その後2年の間にビッグ・マムのナワバリに乗り込むが、マムの顔を見る事もなく弾きだされた。
 現在では3億5000万と大きく懸賞金を上げ、シャンクス打倒を目的にキッド、ホーキンスと同盟。
 土壇場でカイドウに遭遇してしまうが、キッドの様に捕えられる事はなかった。詳細不明だが、どうやら百獣海賊団との繋がりがある様で、傘下に入った可能性が高い。


 人物面、立場共に読めない人物。
 最悪の世代の中では、現時点ではあまり描写のない人物であるため、その評価も難しいところ。
 ベッジ同様、何か目論見があってカイドウの下についている可能性もあるため、ワノ国での登場に期待。しかし2年前の戦闘を見るに、性格的に軽卒な部分や、力量差を図り間違えるところが目立つ。


バジル・ホーキンス】懸賞金2億4900万→3億2000万
 2年前のシャボンディ諸島では、大将黄猿と戦闘。多大なダメージを受けつつも、「死亡率0%」との占いの結果通り生存。頂上戦争ののち新世界へと踏み入り、茶ひげと交戦。その一味を壊滅させ、茶ひげの両足を奪う大打撃を与えた。
 キッドやアプーと同盟しシャンクスを狙うが、実行に移す前にカイドウと遭遇。捕らわれたキッドや味方についたアプーとは異なり、その後ホーキンスがどう動いたかは現時点では不明となっている。


 今どこでどうしているのかすら不明なため、まったくの未知数。読者視点では際立った事件に関わった印象は薄いが、茶ひげに対する容赦のなさを見るに、顔に似合わぬ凶暴性を持っているのかもしれない。
 2年前の懸賞金はルフィに次ぐ程の高さだったが、現在ではアプーやローに逆転を許してしまっている。やはり、彼らに比べると、特別目立った事件を起こしていないのかもしれない。
 部下にはミンク族のファウストという人物が存在。魔術を使うらしいが、どんな魔術なのかは不明。


カポネ・ベッジ】懸賞金1億3800万→3億
 元は西の海のマフィアであり、5大ファミリーのボス達の1人であった。
 のちに起きるであろう内部抗争を愉しむため、敵ファミリーとの戦いではボスの首だけを取るという行為を繰り返したのち、様々な復讐者達に狙われる身となりながら海賊に転身。
 2年前のシャボンディ諸島では、シロシロの実の能力による兵力差にて海軍を迎撃したが、黄猿やパシフィスタと直接交戦した様子はなかった。

 新世界ではビッグ・マム海賊団に挑むも、いち早くその実力差に気が付くと立場を翻し、その傘下に収まる。その後もビッグ・マム暗殺計画を練りながら信頼を築き、サンジとプリンの結婚式では"ルーク"の称号を得、護衛の全権を担う程になる。

 シーザーの身柄確保の任務を受け、ドレスローザへ出向。ぐるわらの一味を追う内、共に任務を請け負った身であるペコムズの故郷、ゾウへ到着。
 しかしサンジ達に故郷を救われた事から任務を放り出したペコムズに怒り、彼を背後から銃撃。シーザーおよびビッグ・マムの娘プリンとの結婚が決まったサンジの身柄を確保し、ホールケーキアイランドへと帰還した。

 茶会においては、シーザーやルフィと結託し、ビッグ・マム暗殺計画を実行に移す。しかし想像の遥か上をいくビッグ・マムの強靭さにより、計画は失敗に終わった。


 マフィアから海賊への転向という段階を踏んだ事もあり、42歳という遅咲きのルーキー。西の海の有力マフィアだった事もあり、裏の世界では元々知られた名前だったのかもしれない。

 読者視点で見れば、地味だった2年前から新世界編にかけて、大きくその評価を上げた人物と言える。
 しかしビッグ・マム暗殺の首謀者ではあるが、順当に報道されればその内容のほとんどはルフィ達が占める事になるだろう。ボビンを討ったりケーキを運んだりと要所での活躍はあるが、残念ながらルフィの「クラッカー、カタクリ撃破」という功に比べれば些細な事であると言わざるを得ない。
 この戦果では、"海賊王"というイスに一歩近づいた、と考えるには少々厳しいものがあるだろう。まあいいんさ。世間に知れ渡らずとも、その活躍はしっかりと読者の目に焼き付いてるから。

 部下には怪銃ヴィトやゴッティ等が存在する。戦闘シーンはほとんど描かれていないが、ヴィトは奇襲とはいえ仮にも億超えの賞金がついているボビンをあっさりと討ち取ったため、それなりの実力はあるものと思われる。


Xディエス・ドレーク】懸賞金2億2200万→?
 元海軍将校の海賊、ディエス・バレルズの子として生まれ、のちに自らも海軍少将の地位にまで上り詰める。しかし理由は不明だが、父の轍を踏む様に自身も海賊へと転向。政府の内情を知る億超えのルーキーとして名を馳せる。
 2年前のシャボンディ諸島では、派遣されたパシフィスタの完成度を偵察するために交戦。動物系古代種の能力により勝負を進めるが、ホーキンスら共々黄猿の前に敗れ去った。

 マリンフォードでの終戦後、新世界に位置するカイドウのナワバリにて、アイアンボーイ・スコッチと戦闘。その後経緯は不明だが、カイドウ傘下の海賊となった。
 2年後においては、カイドウの支配下である島にてスコッチと工場を呑み込んだ海賊・カリブーを撃破、捕縛した。


 恐竜へと姿を変える能力の性質上、純粋な戦闘能力としてはかなり上位に位置すると思われる。
 当初はカイドウと戦う意志を見せていた事や、パシフィスタ開発の裏を知っていそうな事など、人物としての重要度も高そうである。
 しかし、現時点では単なるいち傘下海賊であるため、"海賊王"に近い存在であるとは言えない。というか、彼が海賊となった事には何らかの思惑がありそうなので、そも海賊王という名声を目指しているワケでもなさそうに思える。が、ワンピースという存在が、世界政府を正義とした世界を「ひっくり返す」ものであるなら、それを目的に海へ出た可能性もあるか・・・?



ジュエリー・ボニー】懸賞金1億4000万→?
 理由は不明だが、元は政府に囚われた身であった。
 政府から脱走したのち、億超えルーキーの一人としてシャボンディ諸島へ。黄猿ら海軍の到着時には、年齢を操作する能力により海兵達を子供の姿としてしまった。
 頂上戦争の終結後、黒ひげに挑むもあっけなく敗れ、政府へと引き渡される。その後も再度脱走に成功した様で、能力により子供の姿を偽りながら逃亡生活を続けている模様。


 白ひげがスクアードに刺された際に涙を流したり、エースや白ひげの死後には「何もかもあいつのせいだ」と意味深な言葉を残すなど、謎多き人物。
 政府にとって重要な人物らしく、脱走を聞いた際には赤犬ですらヒヤリとさせられたという。にも関わらず処刑されず生き残っているという事は、正存状態で捕らえておかなければ意味がないという事なんだろうか。

 また黒ひげは、彼女の身柄と軍艦を交換する取引を申し出ていたが、彼女の懸賞金は1億4000万と超新星の中では低め。ヤミヤミ、グラグラのダブル能力を手にした黒ひげ以上の重要度があるとは言い難い。にも拘わらず、黒ひげを捕える事を放棄してまで海軍が交渉に応じると踏んだのだとしたら、彼は政府にとってボニーがどれほどの価値を持つかを知っていたという事なのだろうか?

 まあ物語上の重要度はトップクラスかもしれないが、2年の逃亡生活の中で、"海賊王"の争奪レースという意味では事実上の脱落状態だろう。脱走によって懸賞金が上がった可能性もあるが、世間的には半ば忘れ去られた存在なんじゃないだろうか。



ウルージ】1億800万→?
 空島出身の人物で、非船長であるゾロやキラーを含めた超新星達の中でも最も低い賞金額となっている。
 2年前のシャボンディ諸島では、一度はパシフィスタに追い詰められるも、その能力によって巨大化、パワーアップを果たし反撃に移る。しかし黄猿には敵わず、遥か遠くへと蹴り飛ばされた。

 その後2年の間にビッグ・マム海賊団に戦いを挑むと、将星スナックと交戦。これを撃破するも、新手として現れたクラッカーには敵わず惨敗。敗走し、現在は空島のバロンターミナルにて傷を癒やしている。
 またその最中、趣味である自殺を目論むカイドウに遭遇。彼が身を投げるのを見送った。


 何かとコアな人気がある割に活躍は今一つだったウルージだったが、新世界編ではまさかの将星の一角を落とすという功績を上げていた事が分かった。これはキッドやアプー、ベッジですら成し得なかった事で、かなりの大金星であると言えるだろう。
 しかし快進撃とまでは言えず、連戦となったクラッカーを相手には通用せず。スナックとの戦いがいつ頃だったのかは分からないが、今現在でも空島にて療養中である事を考えると、長らく表舞台に顔を出してはいないのだろう。

 能力の使い勝手もそこまで良さそうなものではなく、今も各自行動を起こしている他のメンバーと比べると少々厳しいものがある。同じく将星と戦ったと思われるキッドやアプーがピンピンしていた事を思うに、将星の一角を落とす事に全力を尽くしすぎてしまったのかもしれない。将星を落としたという功績そのものは大きいが、あくまで四皇配下を一人討った程度では、海賊王にはなれないのである。



マーシャル・D・ティーチ】懸賞金0→?
 「異形」とされる身体の構造を持つ人物で、元白ひげ海賊団2番隊隊員。
 ヤミヤミの実を狙っており、それが手に入る確率が最も高いと踏んだ白ひげの船に在籍した。4番隊隊長サッチがこの実を手に入れると、海賊船の禁忌である仲間殺しを行い、これを奪取。逃走し、4人の仲間と共にドラム島を襲撃し、滅ぼした。

 その後王下七武海の座を狙い、政府にその実力を示すため、億を超える首であったルフィを狙うも失敗。自身を追ってきたエースに標的を切り換え、彼を破るとその身を政府に差し出し、七武海の一角となった。

 頂上戦争の際には、マリンフォードへの招集を無視しインペルダウンへ。マゼランの毒により死にかけるもシリュウに救われ、彼を仲間に迎え入れる。またLEVEL6へ赴くと、檻の中での殺し合いを行わせ、生き残った4名を連れ出しマリンフォードへ。怒れる白ひげの攻撃を受けながらもこれを殺害し、グラグラの実の能力を奪取。悪魔の実の能力を2つ持つという、異例の存在となった。

 戦争から約1年後、マルコ率いる白ひげ残党との「落とし前戦争」にて大勝を収め、四皇の一角として名を馳せる事となる。殺した相手の能力を奪う「能力者狩り」によって勢力を拡大すると、「10人の巨漢船長」を率いる提督となった。
 また、元海軍大将であるクザンとも繋がりを持っている。

 ドレスローザにて"メラメラの実"を賭けた闘技大会が行われた際には、1番船船長であるバージェスを向かわせる。しかしルフィの代わりに参加していたサボに敗れ、メラメラの実を奪われた挙句重傷を負う結果に。その後、バージェスが偶然行きついた革命軍の本拠地・バルティゴを襲撃。壊滅状態とした。


 たまに勘違いされるが、彼もまた"最悪の世代"の一人。
 海賊としての年季は遥かに長いが、船長として名を挙げたのが頂上戦争前後の同時期であるため、同じ世代にカウントされるのだ。
 そして上に挙げた9つの海賊団を抑え、ダントツで海賊王に近い存在であると思われる。おそらくモルガンズも、半分くらいは彼ひとりを指して発言したんじゃないかな?

 所有するナワバリや戦力はもとより、2つの能力を得たその実力はまさに「世界を破壊する力」の持ち主であると言える。
 バージェスが1番船船長と言うのは四皇として若干物足りなくはあるが、本命はやはりシリュウらLEVEL6出身のメンバーだろう。1番船船長だからといって別に1番強いワケじゃないのも、白ひげ海賊団と共通なのだと思う。

 しかし、ONE PIECEという物語の中で、仮にルフィ以外の人物が海賊王になるとしても彼はその人物ではないと思われる。ロジャーをよく知り、ワンピースの実在を公にした白ひげその人が否定してしまったからだ。
 同じDの名を持つ者とはいえ、彼はロジャーが待ち望む人物ではない。彼ではワンピースを見つけ、世界をひっくり返す立役者となる事はできないのだ。