登場技の一覧、バロックワークス編です。
本名で書くと伝わりにくい事に定評のあるエージェント達。
ミス・オールサンデーの分は無駄に長くなるので、ロビンのページへのリンクだけ貼っておきます。ビビとイガラムは技少なめなのでこっちにも載せてます。





・使用箇所の記載は、原則として技名が明記されたシーンのみカウント。
 ただし劇中の描写から、その技である事が明確な場合は例外とする。

・厳密な技名が登場していない技であっても、劇中にて何度も使用されていたり、印象的な使われ方をしている場合、便宜上の技名を割り当てて記載する場合あり。
(例:ブルックの『幽体離脱』、ニューゲートの『海震』)

・技だけではなく、変身形態や拳法名、武器名なども、明確な名称が存在しており劇中で技に近い扱われ方をしているものは記載する場合あり。
(例:ルフィの『ギア2』、サボの『竜爪拳』、ワイパーの『燃焼バズーカ』)





■勢力・地域別■






■サー・クロコダイル(Mr.0)■


砂漠の宝刀
デザート・スパーダ


【技の概要】
 『スナスナの実』の能力によって砂の刃に変えた右腕を放ち、地面を両断しながら遠距離の敵へと突き進ませ斬り裂く技。


【使用箇所】
・20巻 第178話  VS ルフィ
・22巻 第200話  VS ルフィ


砂漠の向日葵
デザート・ジラソーレ


【技の概要】
 砂漠の地下に存在する水脈を感知し、右腕から出した砂を注ぎ込む事で巨大な流砂を作り出し、敵を引きずり込む技。


【使用箇所】
・20巻 第178話  VS ルフィ


三日月型砂丘
バルハン


【技の概要】
 右腕の手首~肘部分から三日月の形をした砂の刃を発生させ、触れた相手の部位から水分を奪い、干からびさせる。


【使用箇所】
・20巻 第178話  VS ルフィ
・55巻 第541話  VS 獄卒(インペルダウン編)


砂嵐
サーブルス


【技の概要】
 手の平から小さな竜巻状の砂嵐を発生させ、触れた敵を吹き飛ばす技。
 一時的に出現させた砂嵐によって周囲の敵を吹き飛ばす為に使用される他、砂嵐をその場に残し広範囲を巻き込む技としても使用可能。放置された砂嵐は風に乗って徐々に大きく成長し、やがて能力者本人にも制御できない風速を得て、町1つを呑み込む災害となり移動していく。


【使用箇所】
・20巻 第178話  VS ルフィ、ユバの町
・22巻 第200話  VS ルフィ
・56巻 第542話  VS ミノゼブラ
・57巻 第561話  VS ドフラミンゴ
・59巻 第578話  ジンベエとルフィを吹き飛ばして逃がすため

【技名を宣言せずに使用した箇所】
・55巻 第548話  軍艦へ放たれた砲弾を撃ち落とすため
・57巻 第560話  VS 白ひげ海賊団


干割
グラウンド・セッコ


【技の概要】
 「渇き」を与える能力を持つ右手により、触れた地面や草木から水分を奪い取ることで地割れを引き起こす。


【使用箇所】
・22巻 第201話  VS ルフィ


浸食輪廻
グラウンド・デス


【技の概要】
 地に触れさせた掌に伝わる木や土、石といった物体に渇きを与え、地表の全てを砂へと還し、周囲を砂漠化させる技。


【使用箇所】
・22巻 第201話  VS ルフィ


砂嵐
サーブルス
「重」
ペザード


【技の概要】
 掌から球体状の砂嵐を放つ技。


【使用箇所】
・23巻 第209話  VS ルフィ


砂漠の金剛宝刀
デザート・ラ スパーダ


【技の概要】
 右腕を4枚の砂の刃へと変え、相手に向かって放つ『砂漠の宝刀』の強化版の様な技。


【使用箇所】
・23巻 第209話

【技名を宣言せずに使用した、同様の技と思われる箇所】
・56巻 第547話  VS 海兵(インペルダウン編)







■ダズ・ボーネス(Mr.1)■


斬人
スパイダー


【技の概要】
 身体の前で両の拳を合わせた構えを取り、『スパスパの実』の能力によって鉄の硬度を得た身体で敵の打撃・斬撃などを無効化する防御技。


【使用箇所】
・21巻 第193話  VS ゾロ


掌握斬
スパークロー


【技の概要】
『スパスパの実』の能力によって刃へと変えた指先で、敵を握り潰す様に斬り裂く技。


【使用箇所】
・21巻 第194話  VS ゾロ


発泡雛菊斬
スパークリングデイジー


【技の概要】
 合わせた状態の両手首を掌打の様に突き出し、放射状の斬撃を放ちつつ敵を吹き飛ばす技。


【使用箇所】
・21巻 第194話  VS ゾロ


微塵斬
アトミックスパ


【技の概要】
 交差させた両腕を振り下ろし、対象物を賽の目のように細かく斬り刻む技。


【使用箇所】
・21巻 第195話  VS ゾロ


螺旋抜斬
スパイラルホロウ


【技の概要】
 両腕から螺旋状の刃物を浮き上がらせ、火花が散る程の速度で回転させることで敵の身体を抉り斬る技。


【使用箇所】
・21巻 第195話  VS ゾロ


滅裂斬
スパーブレイク


【技の概要】
 刃物に変えた両手を振るい、×字型の斬撃を浴びせる。


【使用箇所】
・21巻 第195話  VS ゾロ


微塵斬速力
アトミックスパート


【技の概要】
 足裏を刃に変え、スケートのように地面を滑走しながら指先の刃で攻撃する。


【使用箇所】
・21巻 第195話  VS ゾロ




■ザラ(ミス・ダブルフィンガー)■


ダブルスティンガー


【技の概要】
『トゲトゲの実』の能力によって両手首の先をそれぞれ1本のトゲに変え、連続の突きを繰り出す技。


【使用箇所】
・21巻 第191話  VS ナミ


スティンガーフィンガー


【技の概要】
トゲに変えた5本指での攻撃。


【使用箇所】
・21巻 第191話  VS ナミ


スティンガーヘッジホッグ


【技の概要】
 身体を丸めた状態で全身からトゲを出し、地面を転がりながら敵を追い詰める。


【使用箇所】
・21巻 第191話  VS ナミ


ソーイングスティンガー


【技の概要】
 両足の裏から1本ずつの長いトゲを生やし、敵を蹴る様にして貫く。地面にトゲを突き刺しながらの歩行も可能。


【使用箇所】
・21巻 第191話  VS ナミ


スティンガーステップ


【技の概要】
 足裏から大量の短いトゲを生やし、敵を踏みつけるように突き刺す。


【使用箇所】
・21巻 第191話  VS ナミ


シー・アーチンスティンガー


【技の概要】
 髪の毛を大量のトゲに変え、回転しながら突進して攻撃する。技が当たった箇所には大きな円形の穴が空き、その周囲にはコゲ跡すら残る。


【使用箇所】
・21巻 第192話  VS ナミ
・21巻 第193話  VS ナミ


トゲトゲ針治療
ドーピング


【技の概要】
トゲに変えた指先で腕のツボを刺し、両腕の筋力を増強する技。


【使用箇所】
・21巻 第192話  VS ナミ


スティンガーフレイル


【技の概要】
『トゲトゲ針治療』によって筋肉を膨張させた両腕から、無数の短いトゲを生やした状態で殴りつける技。石柱を砕くほどの破壊力を持つ。


【使用箇所】
・21巻 第192話  VS ナミ(2回使用)




■ベンサム(Mr.2 ボン・クレー)■


オカマ拳法
ケンポー


【技の概要】
 ベンサム(Mr.2 ボン・クレー)が使用する拳法。
 日々のレッスンによって磨き抜いたしなやかな身体に、バレエの動きを融合させた体技を主体とする。その特徴上、肉体が他人のものに成り代わってしまう『マネマネの実』の能力の使用中は拳法を操る事ができず、技を放つ際に必ずベンサム自身の身体に戻る必要がある。

 白鳥の首を模したバレエシューズを装備した状態で放つ攻撃は、オカマ拳法の『主役技
プリマ
』と呼ばれ、長いリーチと大型のライフルのような威力を両立した性能を持つ。
 難点として、長いリーチを得た事によって蹴りを撃ち込んだ際の足の返りが遅れ、1発目を回避されると速度面で不利になる。この難点は『マネマネの実』の変身能力により攻撃を躊躇させる事で対策を取っていた。
 取り付けた白鳥は、相手から見て右がオスで左がメス。

 TVアニメ版においては、アラバスタ編当初は『バレエ拳法』という別名義が使用されていた。ただし、インペルダウン編での再登場時には原作と同様の名称に変更されている。


【出典】
・18巻 第160話  ベンサム VS ダズ
・21巻 第187話  ベンサム VS サンジ
・21巻 第188話  ベンサム VS サンジ
・『ONE PIECE YELLOW』
         …etc.
 

白鳥
はくちょう
アラベスク


【技の概要】
『オカマ拳法』の技のひとつで、片足立ちの姿勢から高威力の連続蹴りを繰り出す技。

 TVアニメ版のアラバスタ編では『スワンアラベスク』と呼ばれていた。こちらもオカマ拳法と同様、インペルダウン編では原作準拠の名称になっている。


【使用箇所】
・18巻 第160話  VS ダズ・ボーネス(Mr.1)
・21巻 第187話  VS サンジ
・54巻 第531話  VS スフィンクス


オカマデャーッシュ


【技の概要】
 両手を頭上に上げた独特な姿勢での全力ダッシュ。


【使用箇所】
・20巻 第182話  VS ビビ&カルー


あせ
なみだ
のルルヴェ


【技の概要】
『オカマ拳法』の技のひとつで、垂直な崖でも駆け上れる凄まじい勢いのダッシュ。


【使用箇所】
・20巻 第183話  VS ビビ&カルー


どうぞオカマい
ナックル


【技の概要】
 敵の意表を突いて正拳を繰り出す技。

【使用箇所】
・21巻 第187話  VS サンジ


うらぶれ白鳥
スワン
舞踏会
ぶとうかい


【技の概要】
 泥酔した白鳥をイメージした不規則な貫手突きによって攻撃を行う。
『どうぞオカマい拳』からの派生で、繰り出した拳を開いて軌道を変えつつ連続攻撃をしかける事ができる。


【使用箇所】
・21巻 第187話  VS サンジ
・54巻 第535話  VS 獄卒(インペルダウン編)


マネマネ合成顔
モンタージュ


【技の概要】
『マネマネの実』の能力により、これまでに触れた事のある複数人分の顔のメモリーを合成させ、変身する技。
 サンジとの戦いにおいては、顔の各パーツを世界一変な見た目に変えようとしたが、鼻以外のほとんどの部位がベンサム自身の顔になってしまった。


【使用箇所】
・21巻 第187話  VS サンジ


オカマチョップ


【技の概要】
 普通のチョップ攻撃。
 TVアニメ版では『バレエチョップ』と呼ばれていた。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


蹴爪先
ケリ・ポアント


【技の概要】
 敵の頭部を狙った上段の爪先蹴り。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


マスカラブーメラン


【技の概要】
 眼の下に貼られた、マスカラ風の刃物のような武器を剥がして投擲する技。
 投擲した刃はブーメランの軌道を描き、眼の下へと返ってくる。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


キャッチしマスカラ


【技の概要】
 返り際の『マスカラブーメラン』で敵を斬り裂く。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


あの
なつ
回想録
メモワール


【技の概要】
『オカマ拳法』の技のひとつ。
 片足を軸に身体を大きく回転させ、地面を焦がしながら敵に接近し回転を利用した蹴りを繰り出す技。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


爆撃白鳥
ボンバルディエ


【技の概要】
 オカマ拳法の『主役技
プリマ
』とされる白鳥の長い首を模した装備を爪先に取り付け、リーチを増した蹴りを繰り出す技。
 しなる首と鋼のクチバシにより、蹴り穴の周りにヒビ一つ入れない程の凝縮されたパワーを実現している。ただし、リーチが伸びた事によって返りが遅くなり、攻撃を避けられた際に次の防御に間に合わせにくくなるという弱点がある。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ


あの
ふゆ
そら
回想録
メモワール


【技の概要】
『オカマ拳法』の技のひとつで、高く跳躍し、落下と共に蹴りを繰り出す技。


【使用箇所】
・21巻 第188話  VS サンジ
・54巻 第532話  VS ミノタウロス


爆撃白鳥
ボンバルディエ
アラベスク


【技の概要】
 爪先に白鳥の首を取り付けた状態で放つ飛び蹴り。
『白鳥アラベスク』の強化版のようなものだと思われる。


【使用箇所】
・21巻 第189話  VS サンジ


あの
あき
ゆめ
二度見
にどみ


【技の概要】
 ベンサムが驚いた際に行われる二度見。
 本人曰く『オカマ拳法』の技のひとつだが、特に攻撃能力はない。


【使用箇所】
・54巻 第530話  檻の外にいるギャルディーノ(Mr.3)を見つけた際


ひか
え・ナ・鞭打
フェッテ


【技の概要】
 身体を縦に回転させ、鞭の様な動きで敵を蹴り下ろす技。


【使用箇所】
・54巻 第532話  VS ミノタウロス




■ギャルディーノ(Mr.3)■


キャンドルジャケット


【技の概要】
『ドルドルの実』の能力によって身体から出した、固まれば鉄の硬度にも匹敵するろうによって敵の身体を拘束する技。


【使用箇所】
・14巻 第121話  VS ブロギー


キャンドルロック


【技の概要】
トンカチ型のろうによって敵の手や足を固め、身動きを封じる。
 装着されるろうは鉄の硬度を持つため、逆に利用すれば打撃の威力を高める事も可能。ルフィはこれを逆利用、または協力し、『ゴムゴムのトンカチ』『ゴムゴムのトンカチ回転弾』と言った技を編み出している。


【使用箇所】
・14巻 第121話  VS ビビ
・14巻 第123話  VS ルフィ(3回使用)
・54巻 第529話  VS マンティコラ
・54巻 第532話  VS ミノタウロス


特大
とくだい
キャンドルサービスセット
(キャンドルサービス)


【技の概要】
 両腕から出した大量のろうにより、ろうそくの柱や顔付きのカボチャを模した巨大なオブジェを作り出す。
 オブジェの下段に囚われた相手は足の動きを封じられ、また上段のカボチャの様な部位が回転することで『ろうの霧』を降らせ、相手を徐々にろう人形へと変えてしまう。


【使用箇所】
・14巻 第121話  VS ゾロ、ナミ、ビビ


ドルドル彫刻
アーツ


【技の概要】
『ドルドルの実』の能力によって様々な形状のろうを出現させ、武器として放つ技。


【使用箇所】
【ドルドル彫刻『剣』】
・14巻 第122話  VS ブロギー

【ドルドル彫刻『銛』】
・14巻 第123話  VS ルフィ


キャンドル
ウォール


【技の概要】
 手から出したろうにより、鉄の硬度を持つ壁を作り出し相手の攻撃を防御する。


【使用箇所】
・14巻 第123話  VS ルフィ(2回使用)
・56巻 第545話  VS マゼラン
・56巻 第546話  VS マゼラン
・59巻 第571話  VS センゴク


キャンドルチャンピオン


【技の概要】
『ドルドルの実』の能力によって生み出された、グローブ型の拳を持つ巨大なアーマー。
 かつて4200万ベリーの賞金首を仕留めたというギャルディーノの最高傑作であり、内部に乗り込んで操ることで鉄の硬度の防御力を得られる。ろうで出来ているため火には弱い。


【使用箇所】
・14巻 第125話  VS ルフィ


チャンプファイト『おらが畑』
ばたけ


【技の概要】
『キャンドルチャンピオン』に身を包んだ状態で、ボクシンググローブを模した拳部分のパーツによって相手を連続で叩きつける。


【使用箇所】
・14巻 第125話  VS ルフィ


ドルドルの
やかた


【技の概要】
 自身とそっくりに作った無数のろう人形の中に紛れることで敵を欺き、誤った対象に攻撃した瞬間に背後からナイフで貫くというもの。
 マリアンヌ(ミス・ゴールデンウィーク)の塗装があって初めて完成するが、塗装のない状態でも動物が相手なら誤魔化すことが可能。


【使用箇所】
・14巻 第126話  VS ルフィ、カルー

【名称を宣言せずに使用した箇所】
・54巻 第529話  VS スフィンクス


ドルドルボール


【技の概要】
 身体から出した球体状のろうに身を包み、敵から隠れる技。


【使用箇所】
・19巻 第176話  VS バナナワニ


特大
とくだい
サービスキャンドル
ウォール


【技の概要】
『キャンドル壁』の強化版で、多数のトゲを持つ巨大な壁を作り出し相手の攻撃を押し戻す。


【使用箇所】
・56巻 第547話  VS マゼラン




■マリアンヌ(ミス・ゴールデンウィーク)■


カラーズトラップ『裏切
うらぎ
りの
くろ


【技の概要】
 洗練された色彩のイメージにより、使用した絵の具の色に応じた様々な暗示を相手にかける『カラーズトラップ』のひとつ。
 黒の絵の具を用いて描かれたマークに触れた者は、どんなに大切な仲間の言葉でも裏切りたくなり、真逆の行動を取ってしまう様になる。マークから離れれば暗示は解ける。
 相手の身体に直接マークを描くことでも効果を発揮する模様。


【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ルフィ
・41巻 第395話 扉絵連載  海兵に裏切らせ軍艦を乗っ取る際
・41巻 第397話 扉絵連載  留置所への潜入時


カラーズトラップ『
わら
いの黄色
きいろ


【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
 相手の身体や衣服に黄色のマークを描くことで、強制的に笑い転げさせる。


【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ルフィ


カラーズトラップ『闘牛
とうぎゅう
あか


【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
 地面などに赤いマークを描く事で、相手は赤いマントに突進する牛のように、そのマークに攻撃したくなってしまう。


【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ルフィ


カラーズトラップ『
かな
しみの
あお


【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
 劇中では『なごみの緑』を作り出すための素材として使われたのみであり、効果は不明。

【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ルフィ


カラーズトラップ『なごみの
みどり


【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
『笑いの黄色』と『悲しみの青』を混ぜて作り出した緑色のマークにより、相手は戦意を失いお茶を飲みながらなごんでしまう。


【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ルフィ


カラーズトラップ『友達
ともだち
黄緑
きみどり


【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
 黄緑色の絵の具でマークを描いた相手と仲良くなり、言う事を聞いて貰えるようになる。


【使用箇所】
・38巻 第363話  プテラノドンに使用し、リトルガーデンを脱出した


カラーズトラップ『
ゆめ
虹色
にじいろ



【技の概要】
『カラーズトラップ』のひとつ。
 空中に巨大な虹色の渦を描き、周囲の人物の衣服などを、それぞれの思い描く理想の姿へと変える。


【使用箇所】
・42巻 第404話  クロコダイル、ダズ、ザラ、マリアンヌ、
         ベーブ、ドロフィー、ラッスー、ジェム、ミキータ




■ベーブ(Mr.4)&ラッスー■


ボール型時限爆弾
がたじげんばくだん
(名称は便宜上のもの)

【技の概要】
 犬銃ラッスーがくしゃみと同時に口から放つ、野球ボール型の時限爆弾。獣型にならず、大砲の姿のままベーブが引き金を引いて放つ場合もある。
 撃ち出された爆弾は鉄球の様に重く、常人の力では受け止める事は難しい。ベーブはその腕力と4tのバットによって返球が可能であり、爆発の時間や打ち返すタイミングを計算に入れた砲撃を行う。
 カーブをかけた砲撃や、ベーブの返球時に高速のスピンをかけるなど、攻撃の軌道は豊富なバリエーションを持つ。


【使用箇所】
・20巻 第181話  VS ビビに扮した麦わらの一味
・20巻 第183話  VS ウソップ、チョッパー
・20巻 第184話  VS ウソップ(2回使用)
・20巻 第184話  VS チョッパー
・20巻 第185話  ウソップパウンドを破壊
・20巻 第185話  モグラ塚4番街の穴
・20巻 第186話  ラッスーの気絶時に吐き出した


四百本猛打
よんひゃっぽんパンク
ノック


【技の概要】
 ラッスーが撃ち出した無数の時限爆弾を、ベーブが『モグラ塚4番街』の穴の中を高速で移動しながら連続で打ち返していくことで相手を追い詰める連携技。


【使用箇所】
・20巻 第185話  VS チョッパー


モグラ塚4番交差点
づかよんばんこうさてん


【技の概要】
 ドロフィーの『モグラ塚ハイウェイ』によって高速で運搬された相手を、ベーブが4tのバットで撃ち抜く連携技。


【使用箇所】
・20巻 第186話  VS ウソップ




■ドロフィー(ミス・メリークリスマス)■


モグラ塚4番街
づかよんばんがい

【技の概要】
『モグモグの実』の能力によってドロフィーが地中に掘った穴を利用した、Mr.4ペアが得意とする領域
テリトリー
の名。
 地面に空いた多数の穴はすべて地中で繋がっており、地中を移動することで変幻自在な攻撃を繰り出すことができる。
 ただし穴は誰でも出入りできるため機転の利く相手には逆利用される場合もあり、また全ての穴が繋がっている点を突かれ、地中全体への攻撃を受けてしまう弱点もある。


【使用箇所】
・20巻 第184話  VS ウソップ、チョッパー


土竜遁法
モグラトンポー
“土竜魚”
モグギョ


【技の概要】
『モグモグの実』の能力によってモグラの姿に変身し、地中に潜りながら移動することで相手の背後を取る技。


【使用箇所】
・20巻 第185話  VS ウソップ


土竜平手撃ち
モグラバナーナ


【技の概要】
 モグラの姿となり、鋭利な爪を利用した平手を繰り出す技。


【使用箇所】
・20巻 第185話  VS ウソップ(8回使用)


モグラ
づか
ハイウェイ


【技の概要】
 地中から出した手で相手の足を掴み、高速で地面を掘り進むことで強制的に相手を移動させる技。


【使用箇所】
・20巻 第185話  VS ウソップ
・20巻 第186話  VS ウソップ


モグモグ玉砕
インパクト


【技の概要】
『モグラ塚ハイウェイ』の高速移動により、相手を壁に叩き付ける。


【使用箇所】
・20巻 第185話  VS ウソップ
・20巻 第186話  VS ウソップ


モグラ塚4番交差点
づかよんばんこうさてん


【技の概要】
 ドロフィーの『モグラ塚ハイウェイ』によって高速で運搬された相手を、ベーブが4tのバットで撃ち抜く連携技。


【使用箇所】
・20巻 第186話  VS ウソップ
・20巻 第186話  ドロフィー(ミス・メリークリスマス)との同士討ち




■ジェム(Mr.5)■


鼻空想砲
ノーズファンシーキャノン


【技の概要】
『ボムボムの実』の能力によって爆弾となった鼻糞を飛ばし、爆発させる技。


【使用箇所】
・13巻 第110話  VS Mr.9
・13巻 第111話  VS ビビ
・14巻 第120話  VS ウソップ
・14巻 第121話  VS ブロギー
・40巻 第378話 扉絵連載  VS 海兵


足爆
キッキーボム


【技の概要】
『ボムボムの実』の能力により爆発する蹴りを繰り出す。


【使用箇所】
・14巻 第121話  VS ルフィ


鼻空想二連砲
ノーズファンシーダブルキャノン


【技の概要】
『鼻空想砲』を2発同時に飛ばして攻撃する。

【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ウソップ、カルー


そよ風息爆弾
ブリーズ・ブレス・ボム


【技の概要】
 弾丸の代わりに、『ボムボムの実』の能力によって起爆効果を得た「息」を込めた銃で敵を狙撃する技。
 息を使用するため弾丸の軌道は目で追えず、また銃には南の海の新型(2年前当時)である『フリントロック式44口径6連発リボルバー』を使用し、最大6発の連射が可能。


【使用箇所】
・14巻 第124話  VS ウソップ、カルー
・14巻 第125話  VS ウソップ


全身起爆
ぜんしんきばく


【技の概要】
 相手の身体に抱き着いたまま自分の全身を爆発させる事で、相手を骨のかけらも残さずに消し飛ばす技。
 劇中では妨害を受けて不発に終わったため、実際には使用されていない。


【使用箇所】
・14巻 第126話  VS ウソップ




■ミキータ(ミス・バレンタイン)■


1万kg
いちまんキロ
プレス
(一万キロプレス、1万キロプレスなど表記揺れあり)

【技の概要】
『キロキロの実』の能力によって自身の体重を操作する事で、相手を押し潰す技。
 1kgにまで軽くした身体で爆風などの風に乗り、更に上空で体重を1万kgにする事で急降下し、潰した相手を地面の下にうずめてしまう。


【使用箇所】
・13巻 第112話  VS ゾロ
・14巻 第118話  VS 恐竜(リトルガーデン編)
・14巻 第120話  VS ウソップ


強くなる石
クレッシエンドストーン


【技の概要】
 倒れた相手の上に座り、自身の身体を10㎏から徐々に重くしていく事でじわじわとダメージを与えていく拷問技。


【使用箇所】
・14巻 第125話  VS ウソップ


1万
いちまん
キロギロチン


【技の概要】
 上空へと跳び上がり、片足を伸ばした状態で体重を1万キロに増加させる事で、相手の首をギロチンの様に踏み砕く技だと思われる。
 劇中で使用した際はナミとビビによる妨害を受けたため、不発に終わった。

【使用箇所】
・14巻 第126話  VS ウソップ








■Mr.7■


黄色
きいろ
じゅう


【技の概要】
 Mr.7が使用する銃の名で、四角い銃口から四角い弾丸を発射する。弾丸は『ゲロゲロ銃』の弾丸と衝突する事で破裂する性質を持つ。


【使用箇所】
・23巻 第207話  VS ゾロ
・23巻 第207話  VS チョッパー


レディスマッシュ


【技の概要】
 Mr.7とミス・ファーザーズデーのコンビ技。
 互いの弾丸が衝突する事で破裂する性質を持つ『黄色い銃』と『ゲロゲロ銃』を同時に放ち、敵を狙い撃つ。


【使用箇所】
・23巻 第207話  VS ゾロ
・23巻 第207話  VS チョッパー




■ミス・ファーザーズデー■


ゲロゲロ
ガン


【技の概要】
 ミス・ファーザーズデーが使用する銃の名。カエルの顔を模した銃口から、同じくカエルの顔をした球体状の弾丸を発射する。『黄色い銃』の弾丸と衝突する事で破裂する性質を持つ。


【使用箇所】
・22巻 第205話  VS ペル
・23巻 第207話  VS ゾロ
・23巻 第207話  VS チョッパー


レディスマッシュ


【技の概要】
 Mr.7とミス・ファーザーズデーのコンビ技。
 互いの弾丸が衝突する事で破裂する性質を持つ『黄色い銃』と『ゲロゲロ銃』を同時に放ち、敵を狙い撃つ。


【使用箇所】
・23巻 第207話  VS ゾロ
・23巻 第207話  VS チョッパー




■イガラム(Mr.8)■


イガラッパ


【技の概要】
 ラッパの様な形状をした、息を吹き込む事で銃弾が発射される仕組みとなった散弾銃により攻撃する技。


【使用箇所】
・12巻 第107話  VS ゾロ
・12巻 第109話  VS ゾロ(2回使用)


イガラッパッパ


【技の概要】
 6カ所の巻き髪の中に仕込んだ大砲から砲弾を撃ち込む技。
 大砲は胸元のループタイで操作が可能で、砲口の出し入れや砲撃のタイミングをコントロールできる。


【使用箇所】
・13巻 第109話  VS ゾロ(2回使用)
・13巻 第110話  VS ジェム(Mr.5)、ミキータ(ミス・バレンタイン)




■ミス・マンデー■


カ・イ・リ・キ メリケン


【技の概要】
 自慢の怪力を駆使し、メリケンサックを装着した拳による殴打を繰り出す技。相手を地面に押さえつけ、動きを封じた状態で確実に頭部へと拳を叩き込む。


【使用箇所】
・12巻 第108話  VS ゾロ




■Mr.9■


熱血
ねっけつ
ナイン 根性
こんじょう
バット


【技の概要】
 2本の金属バットと得意のアクロバット戦術により、高速で敵の間合いへと飛び込み不規則な打撃を繰り出す技。
 しかし不用意な跳躍により、戦場によっては高所から落下し自滅してしまう場合もある。


【使用箇所】
・13巻 第109話  VS ゾロ
・14巻 第110話  VS ジェム(Mr.5)


カッ
ばせ 仕込
しこ
みバット


【技の概要】
 鉄線で繋がれた金属バットの先端部分を切り離して飛ばし、敵の腕などを縛り上げ動きを封じる技。


【使用箇所】
・13巻 第109話  VS ゾロ




■ビビ(ミス・ウェンズデー)■


魅惑
みわく
のメマーイダンス


【技の概要】
 ミス・ウェンズデーとして活動していた時代に使用していた技。
 波紋状の輪っか模様が描かれた衣服を着用し、身体を左右に揺さぶる舞いを踊る事で、相手に眩暈を起こさせる幻惑技。
 TVアニメ版では、『魅惑の香水ダンス』という香水の匂いで相手を惑わせる技に変更されたため、登場していない。


【使用箇所】
・13巻 第109話  VS ゾロ


孔雀
クジャッキー
スラッシャー


【技の概要】
 衣服の胸部に仕込んだ、指輪と小さな刃物を糸で繋いだ武器を小指に装着し、刃を回転させる事で相手に攻撃する技。
 豹をも凌ぐとされる脚力を持つカルーに騎乗して使用する事でより強力な攻撃となるが、肝心のカルーが敵に向かってくれない事がある。

【使用箇所】
・13巻 第109話  VS ゾロ
・14巻 第120話  VS ジェム(Mr.5)

【技名を宣言せずに使用した箇所】
・13巻 第111話  VS ゾロ
・14巻 第126話  VS ミキータ(ミス・バレンタイン)
・19巻 第170話  VS ロビン(ミス・オールサンデー)
・19巻 第170話  VS クロコダイル 


孔雀
クジャッキー
一連
ストリング
スラッシャー

【技の概要】
『孔雀スラッシャー』の強化版で、円盤状の小さな刃を無数に連結させた武器を糸で繋ぎ、小指に装着して攻撃する。
 通常の『孔雀スラシャー』と『孔雀一連スラッシャー』をそれぞれ片手ずつに装着して使用する場合も見られる。


【使用箇所】
・19巻 第170話  VS クロコダイル

【技名を宣言せずに使用した箇所】
・23巻 第207話  時計台にて、大砲の導火線を切断する際


孔雀
クジャッキー
一連
ストリング
スラッシャー 逆流
ランバック


【技の概要】
『孔雀一連スラッシャー』による攻撃の際、長く伸びたスラッシャーを後方に引き戻す事で、相手の背後からの斬撃を繰り出す技。
 主に一発目を回避された後の追撃のために使用される。


【使用箇所】
・23巻 第207話  VS Mr.7、ミス・ファーザーズデー




■ミス・キャサリーナ■


かみ
のご加護目潰
かごめつぶ


【技の概要】
 ミリオンズの1人で、シスターの衣装に身を包んだミス・キャサリーナが使用する技。
 子供のパートナーであるMr.ビーンズをかばい許しを請うフリをしながら、十字架から煙を噴射する事で敵の目を潰し、不意打を仕掛ける。
 攻撃の際は、ミス・キャサリーナは刀、Mr.ビーンズは銃を使用する。


【使用箇所】
・12巻 第108話  VS ゾロ







■勢力・地域別■